一度行けば恥ずかしさも解消!VIO脱毛のへの抵抗を薄らげよう

恥ずかしさがデリケートゾーンのハードルに

デリケートゾーンのムダ毛は、プールや温泉などに行ったときに気になりますよね。自分で処理するにしても、前側は簡単だけどお尻の方となると難しいものです。そこで、脱毛サロンでVIO脱毛をすることをおすすめします。とはいったものの、デリケートゾーンを脱毛するということは、施術部位をスタッフの人に見られてしまいますよね。スタッフが女性とはいえ、見られるのが恥ずかしいから抵抗があるという方も少なくないでしょう。しかしVIO脱毛を行う人も多くいるため、気にする必要はありません。なるべく抵抗を薄くするためにVIO脱毛の施術時に気になることについて紹介していきます。

脱毛サロンでは使い捨てショーツを着用して行う

まず、ほとんどの脱毛サロンでは紙製の使い捨てショーツが用意されています。それを着用してVIO脱毛を行うのが基本です。施術時にはショーツをずらしながら脱毛する部位に光を照射していきますが、VIO脱毛の形によってずらし方が変わります。すべて脱毛するハイジニーナの場合には大きくずらすことになりますし、下着や水着からはみ出さない程度の形にする場合はほとんどずらさないです。また、サロンではなく医療機関でレーザー脱毛を行う際には、ノーパンになったり、Tバックショーツを持参する必要があったりします。

スタッフは見慣れているので大丈夫

スタッフの人にデリケートゾーンを見られるのは抵抗があるかもしれませんが、スタッフの人もプロなので毎日のように何人もの施術を行っています。そのため、スタッフの人は見慣れているため特に気にする必要はありません。テキパキと施術を行ってくれるのであっという間に終わります。特に最初にVIO脱毛を行う際には恥ずかしさでいっぱいかもしれませんが、一度行ってみれば意外と恥ずかしくないことに気付くこともあるでしょう。施術を重ねるごとに恥ずかしさや不安はほとんど薄れていくため、まずは一度行って見るといいですよ。

女性に大人気のVIOライン脱毛。性器周りの脱毛は衛生的でもあります。この部分は皮膚が柔らかいのでやや痛みも強く感じます。