低糖質ダイエットでは主食の選び方が大事!

白米に混ぜて炊けるこんにゃく米

近年注目度の高まっているダイエット法のひとつが、低糖質ダイエットです。糖質の摂取量を減らすことが必要となってくるため、炭水化物を多く含む米、パン、麺類といった主食を、炭水化物の少ない食べ物で代用することが大切です。ご飯を炊く時には、こんにゃくを粒状にしたこんにゃく米を白米に混ぜて炊くと、カロリーや糖質をダウンすることができます。白いご飯を食べたという満足感を得ることができる上、こんにゃくに含まれる食物繊維を摂取することができるのも魅力です。

パン好きにおすすめの低糖質のパン

最近では、コンビニでも低糖質のパンを扱っているところがあります。小麦のふすまや大豆粉を配合することで、パンの持つ風味や食感はそのままに、糖質を減らすことを実現しています。小麦のふすまや大豆粉には、食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富に含まれていて、健康な体を作る上で不可欠な栄養素をしっかり摂取できます。どうしてもパンを食べたいという場合には、ぜひ低糖質のパンを取り入れてみましょう。食事パンのほかに、菓子パンで低糖質のものも販売されています。

麺類が食べたくなったらこんにゃく麺がおすすめ

低糖質ダイエット中に、パスタやラーメン、うどんといった麺類が食べたくなった時には、小麦で作られた麺ではなく、こんにゃく麺を食べるようにしましょう。こんにゃく特有の臭みが気にならず、喉越しもよいハイレベルな商品が販売されています。こんにゃく麺の表面に筋を付けて、味が染みやすいように工夫されている麺もあります。こんにゃく麺の魅力は、カロリーや糖質の低さに加えて、水洗いするだけで簡単に食べられるところにもあります。麺を茹でる手間がいらないので、忙しい時にも便利ですよ。

フェアリーレシピとは女性ホルモンな働きを促すサプリメントです。その効果からバストサイズアップを期待されています。